自転車カバーのおすすめは?子供乗せ付自転車の場合。

本ページはプロモーションが含まれています

赤ちゃんがある程度大きくなってきたら、保育園の送り迎えやお買い物の時など、子供乗せを設置した自転車で移動をするママさんは多いかと思います。

荷物も多くなりがちだし、子供を連れてある程度遠くまで楽に行けるのがいいですよね。

ただ、雨の日や冬のめっちゃ寒い日はかなり困ります。

私の住む大阪では、両手でハンドルを持ったまま傘がさせる「さすべえ」というグッズを愛用している方も多いのですが、法律的に利用が微妙ですし、そもそも子供はレインコートを着ていてもかなり濡れます。

なので、自転車に乗っている子供をガッツリカバーしてくれる、自転車用レインカバー(サイクルカバーともいいます)が安全で安心。

今はカラーも豊富でおしゃれなものも多いので、特に保育園利用のママさんはぜひ参考にしてみてください。

今日は、ポップでかわいい自転車カバーを色々とご紹介します。

自転車カバーの人気売れ筋ランキングは、コチラからどうぞ。

Check!▶▶自転車カバーの最新ランキング

安全安心で機能的な自転車カバー

ポップでおしゃれな自転車カバーをご紹介!

LABOCLE リア用プレミアムチャイルドシートレインカバー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LABOCLE リア用プレミアムチャイルドシートレインカバー
価格:9720円(税込、送料無料) (2018/1/12時点)

楽天のランキングにも入っている、人気の自転車用レインカバーです。

撥水性に飛んだ素材を使用した上、パイピングの部分にも撥水加工が施されていて、子供が濡れない工夫がされています

子供を乗せ降ろしする際もカバーは固定できるので、雨の中でもモタモタしないでOK。

日よけ・虫よけネット付きなので、暑い日の日よけとしても利用できます。

カラーは6種類でポップなレッドやブルーのほか、シックなブラウンやブラックもあります。

口コミ情報

  • 生地や形がペラペラではなく張りがあってしっかりしています
  • ヘッドの位置より上にレインカバーの天井があるので子供も今までのレインカバーより窮屈する事なく乗れています。
  • 足もともしっかりカバーでき、ずれ上がってきたり、濡れなさそうで良かったです。
  • マジックテープで高さ調整ができるので、大きくなっても余裕を持って乗れそうです。

ハローエンジェル チャイルドシートレインカバー SPORTS

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハローエンジェル チャイルドシートレインカバー SPORTS(スポーツ) 
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/1/12時点)

雑誌の掲載なども多い、ハローエンジェルのレインカバーのスポーツタイプです。

男の子のお子さんだったら、こういうカラーのカバーを使うと喜ぶかも。

窓の部分が大きく視界が広いのが特徴で、600gと軽量で折りたたみもOK。専用の巾着がついていて、バッグなどで持ち運べるのがいいです。

破れにくい素材でしっかり作られているので、丈夫で長持ちしそうですよ。

自転車カバーには珍しい迷彩柄が人気です。

口コミ情報

  • カバーをつけた状態でも横のジッパーで子供は乗り降り出来ました。
  • 全体的にしっかりした作りでハリがあるのに軽くて持ち運びも楽です。
  • 生地もしっかりしているので、寒さ対策にも役立ちそうです。

ハレーロ・キッズ レインカバー InRed(インレッド)コラボ限定カラー

雑誌「InRed」とコラボした限定カラーが素敵な自転車カバーです。

上部が全部透明のビニール素材になっていて、視界が圧倒的に広いので子供は不安感なく載ってくれそうです。

ファスナーがフットレストのところまで広く開くので乗せ降ろしが楽々。

デザインはカモフラージュ、チェック、ボタニカルネイビー、ユニバーサルブラウンの4種類で、どれもおしゃれな柄になっています。

他の人とかぶりたくないという方におすすめです。

口コミ情報

  • 訳のわからない安価な商品ではなく、OGKのダブルネームのため間違いナイ商品だと思います。
  • パナソニックの自転車ですが、思った以上に取り付けやすかったです。
  • 迷彩柄がとてもかわいく、ママチャリがおしゃれになります。

今回はリア用(子供乗せが後ろに付いている)の自転車用レインカバーをご紹介しました。

今は前に子供乗せが付いているタイプの自転車も多いので、そちらのタイプもまたご紹介したいと思います。

自転車カバーは雨の日だけでなく、冬の寒い日や夏の暑い日などにも利用できるので、自転車を使うママさんは必須のアイテムです。

子供が自分で自転車にのれるようになるまで、思っているよりも長く使うものなので、しっかりとした破れにくいものを選ぶ方がいいです。(小学校低学年くらいまで使う事が多いはずです。)

子供が快適に自転車に乗ってくれるよう、デザインにもこだわったものや視界が広いものなどを探してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする