お出かけ時にかわいい哺乳瓶の持ち運びポーチ・ホルダーはコレ

本ページはプロモーションが含まれています

普段からミルク育児の方はもちろん、授乳をされているママもお出かけの際はミルクを用意していくことは結構あります。

外出先で授乳ができないという事も結構ありますし、外で授乳はしたくないという方もいらっしゃるでしょう。

また、ママが不在でパパやジジババが赤ちゃんのお世話をする場合も、哺乳瓶は必要ですよね。

外出先にほ乳瓶を持って行く際、専用のケースがあれば割れる心配もないし衛生的に持ち運びができます。

今日は、そんなほ乳瓶ホルダーについて、ご紹介しようと思います。

哺乳瓶ホルダーの売れ筋ランキングはこちら。

Check!▶▶哺乳瓶ホルダーの売れ筋ランキング

持ち運びにかわいい哺乳瓶ホルダー

お出かけが楽しくなるようなかわいい哺乳瓶ホルダーをご紹介します!

ハンナフラ ツインマグポーチ

かわいいプリントが人気のハンナフラのマグポーチです。

240mlの哺乳瓶が2本入る、少し大きめのサイズで保温保冷ともにOKです。

中はアルミフィルムで、外は撥水加工が施されているので、外出時の汚れなども気にしないで大丈夫なのがうれしいです。

大きめなので、子供が大きくなってきたら離乳食やお弁当を入れるポーチとしても使え、長く愛用できるアイテムになります。

ドットや花柄、カモフラ柄などたくさんのデザインがあるので、お気に入りを探すのが大変かも。母子手帳ケースなど他のアイテムとお揃いにしてもかわいいですよね!

口コミ情報

  • 哺乳瓶、おやつ、ランチセット、スプーン等が一つでまとまるので、すごく重宝しています。
  • しっかりしたつくりなので保冷保温も大丈夫そうです!
  • 思ったより大きかったけど、マグと一緒にペットボトルも持ち歩けるのでいいと思います。

ninita 哺乳瓶ケース

おしゃれなプリントが素敵なニニータの哺乳瓶ケースです。

500mlのペットボトルも入るサイズで、内側はアルミ加工のため保温保冷機能付き。

ファスナーが大きくついていて、哺乳瓶の取り出しも楽々です。

ベビーカーやマザーバックにつけられる持ち手もついているので、お出かけ時に持ち運びしやすいです。

カラーもプリントもベビーグッズには見えないちょっと北欧っぽい柄で、他の人から注目されそうです。

口コミ情報

  • 思った通りの可愛いデザインで大活躍です。
  • どの柄も可愛いのですが、哺乳瓶ケースなのでミルク瓶柄にしました。とても可愛いです。
  • 少しの間保温して置くのにとっても役立つので、家でも外でも大活躍です!

Betta 哺乳びん 保温ポーチ

ちょっと特殊な形をしているBettaの哺乳瓶をお使いの方も多いですよね。

Bettaの哺乳瓶を使っているなら、専用の哺乳瓶ケースが必要です。

クッション性があり保温機能もついていて、カラーも選ぶのが大変なくらい沢山あります。

ストラップは片方が外れるので、ベビーカーなどへの取り付けもOK

バッグの中で邪魔にならないのがいいですね。

口コミ情報

  • 紐が革製でリッチな気分です。スリムなのでバックの中でもスッキリで使いやすいです。
  • カワイイし縫製がしっかりしているので、ファスナーが壊れるということもありません。
  • 画像通りの可愛さで実物見た瞬間買ってよかったと思いました!

番外編。水筒も一緒に入る哺乳びんホルダー

哺乳瓶でミルクを作る際は、お湯を持参しておくと安心ですよね。通常は哺乳瓶ホルダーと別に水筒を持ち運ぶ必要があったりするのですが、両方一緒に入れられるポーチがあるんですよ。

カバンに色々詰め込むのが嫌。という方は参考になさってください。

ファムベリー baby bottle pouch

中は4層構造の保温・保冷加工がしてあり、哺乳瓶を2本入れてもカチカチぶつからないように仕切りを採用。

500mlのペットボトルも楽々入るサイズなので、小さめの水筒(マグボトルみたいな)だったら余裕で入ります

デザインはシンプルで、ネイビーとモカの2色があります。どんなファッションでも違和感なく使えますね。

口コミ情報

  • デザインもスッキリしていて長く使えそうだと思います。
  • 哺乳瓶と、水筒が一緒に入るもの探していたので即購入です。
  • うちは双子なので、2人分の哺乳瓶が入るので助かっています。

哺乳瓶ホルダーをご紹介しました。

長時間の外出には、2本入る大きめのポーチが便利ですし、ちょっとしたお出かけには1本だけ入るスリムなものがいいですよね。

おうちにいても、ちょっと保温しておきたい時に利用するという方も結構いらっしゃるようです。

便利でかわいいホルダーをぜひ見つけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする