マタニティパジャマを考察。ワンピース?ズボン?かわいいパジャマが欲しい!

本ページはプロモーションが含まれています

出産する入院準備品のひとつとして、マタニティパジャマがあります。

5日ほどの入院期間ですが、着替えも含めて2~3着は用意が必要なんです。入院したら基本的にずっとパジャマで過ごすことになります。

どんなデザインでもいいか?というところなんですが、まずは病院の指示に従いましょう。

一般的には、出産後は何度か検診を受ける必要がありますし、赤ちゃんへ授乳しやすいものでないといけないので、基本的には前開きのボタンタイプで丈の長いものがいいとされています。

ワンピースタイプ(ネグリジェタイプ)でもズボンがついたパジャマタイプのどちらでもかまいません。

ただズボンはゴムの伸縮がいいものがいいです。出産前はお腹が大きいのでゴムがキツイと苦しいですし、産んだ後はある程度お腹がへこむので(ぺったんこにはなりませんが)大きすぎるとズボンがずってしまう可能性もあります。

あと産後は親兄弟や友達などがお見舞いにくることもあるので、やはり綺麗にしておきたいところですよね。

このあたりを踏まえて、自分が気に入った可愛いパジャマを選びましょう。

本日は、筆者が選んだおすすめのマタニティパジャマをご紹介します!

楽天のマタニティパジャマの一覧はコチラ

Check!▶▶マタニティパジャマ一覧はコチラ

かわいいマタニティパジャマをご紹介

売れ筋のマタニティパジャマの中から、筆者が独断と偏見で選んだアイテムをご紹介していきます。

SweetMommy サテンパイピングナイティ

マタニティウエアで人気のスイートマミーが販売している、マタニティ用のパジャマです。

売れ筋No.1の人気で、楽天ランキングでも1位獲得の実績があります。

サテンリボンのパイピングがされていて、ロマンチックーなデザインのようですが、カラーによっては甘すぎなく上品に着こなせそうなので、大人なママでもOK。

授乳しやすいようにもなっている上、パンツのゴム部分はボタンで調節が可能です。

見舞客が突然来ても、このパジャマなら「素敵ママ」と思われそうで安心ですよね。

口コミ情報

  • 顔やデコルテの肌色が明るく見えます。
  • 年齢的にデザインが可愛い目なのでネイビーにしましたが、着ても違和感なしでした。
  • バストが若干きつめですぐに空いちゃいますが、ホックか隠しボタンを自分で付けて対処します。
  • 他の商品も注文してみましたが、やはりこのパジャマ、実際手にしてみたらめちゃくちゃ可愛かった

Milk tea パール☆ママパジャマ

マタニティファッションのMilk teaのマタニティ用パジャマです。

七分袖なので季節を問わず、パールのような光沢があるサテンをあしらったシンプルで上品なデザインです。

あて布を引き上げて胸が出せ、授乳しやすいようになっています。

楽天のランキングでも1位の実績があり、人気の高いマタニティパジャマです。

口コミ情報

  • 他に着ている人はいなかったし、授乳もしやすいしよかったです。
  • お腹が大きくてもすっきり見えます!
  • 広げてみると大きく感じましたが、その大きさがゆったりとした着心地となり、ちょうど良かったです。脱ぎ着もし易いです。
  • 七分袖なのでおむつ替えなどの時も汚れなくていいです。

 マタニティ長袖パジャマ ビエラ格子×天竺レイヤード風

レイヤード風のマタニティパジャマ。

パジャマっぽくないデザインですが、授乳口もついているマタニティ仕様。

パンツもサイズの調整ができるようになっていて、袖はロールアップができるようボタンがついています

部屋着としても長くつかえるデザインですよね。

口コミ情報

  • ジャージでコンビニ行ける人なら、余裕で昼間のスーパーに外出可能なデザインです。
  • 授乳もしやすく、またパジャマに見えず気に入っています。
  • とっても可愛いし、着心地もいいです。
  • 親戚や友人が来てくれても恥ずかしくないモノを探している方には良いと思います。

マタニティパジャマは本当にいるのか?の話。

妊娠後期になると、お腹がかなり大きくなるので、今まで来ていたパジャマが入らなくなったりします(特にズボン)。

それに加え入院準備品として、病院からパジャマを複数枚用意するように言われます。

でも、マタニティパジャマって着る期間が結構短いので、何枚も購入するのってちょっと痛いな。と思うのが本心かと思います。

私の場合は、もちろん入院時用にかわいいマタニティパジャマを用意したわけですが、自宅で寝る時は、旦那さんのパジャマを拝借してました。

男性用のパジャマって大きいし、ズボンのゴムの部分も緩いじゃないですか。結構快適なんですよね。

袖や裾が長くても折ればいいわけですし、何も問題ありません。

さすがに入院時に旦那のパジャマを持ち込むのは少々勇気がいりますが、普段使いならこれもアリかと思います。

赤ちゃんが生まれる前は、節約しておきたいという方は参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする